Detail TOP Setup

使い方

K2HR3システムの使い方を説明します。

基本的な流れ

K2HR3システムの提供するRBACRole Based Access Control)として、リソース(RESOURCE)へのアクセスをする基本的な流れを説明します。

K2HR3テンプレートエンジン

K2HR3システムは、動的なリソース(RESOURCE)を定義することができます。
この動的リソース(RESOURCE)提供をサポートするためのK2HR3テンプレートエンジンについて説明します。

+サービス(+SERVICE)機能の使い方

K2HR3は、+サービス+SERVICE)と呼ぶ機能を提供します。
この機能を利用するためにサービス(SERVICE)を作り、連携します。
+サービス+SERVICE)機能の使い方を説明します。
基本的な流れで説明した内容を理解した前提となっています。まず、基本的な流れを参照してからみてください。

ブラウザからの操作

K2HR3システムのコントロールパネルとして、ユーザ(USER)がブラウザからアクセスし、ロール(ROLE)、ポリシー/ルール(POLICY)、リソース(RESOURCE)、サービス(SERVICE)の操作・設定をします。
ユーザ(USER)がブラウザからK2HR3システムを利用するためのWebからのアクセス方法と使い方を説明します。

K2HR3 Usage - Application overview

デモンストレーションサイト

K2HR3 デモンストレーションK2HR3 Webアプリケーション の体験ができます。
K2HR3システムが提供するロール(ROLE)、ポリシー/ルール(POLICY)、リソース(RESOURCE)、サービス(SERVICE)の操作を学ぶことができます。

REST APIの利用

K2HR3の、ロール(ROLE)、ポリシー/ルール(POLICY)、リソース(RESOURCE)、サービス(SERVICE)等の操作・設定を REST APIから行えます。
このK2HR3システムが提供するK2HR3 REST APIを説明します。

主機能 RBAC の使い方

K2HR3システムを使うことで、リソース(RESOURCE)へのロール(ROLE)ベースのアクセス制御 RBACRole Based Access Control)ができます。
このリソース(RESOURCE)に対してロール(ROLE)がアクセスし、その制御をRBACとして提供することがK2HR3システムの主機能です。
この提供されるRBAC機能を使うことで、ロール(ROLE)に登録されたメンバーであるホスト(HOST)上のプログラムからK2HR3システムにアクセスし、リソース(RESOURCE)へのアクセスが設定された権限に基づき制御できます。

RBAC機能の説明は、RBAC機能としてリソース(RESOURCE)にアクセスする方法で説明します。

その他の使い方

上記以外のK2HR3システムの使い方や事例などを説明します。

Detail TOP Setup