Environments/Settings TOP

ツール

このページでは、各種ツールについて説明しています。

K2HR3提供のツール

この章では、K2HR3システムで提供しているツールを説明しています。

Watcher

ここでは、Watcher の用途と使い方を説明しています。

Watcherは、K2HR3 OpenStack Notification Listenerが利用できない環境において、仮想コンピューティング(Virtual Machine)削除の監視、およびロール(ROLE)へのメンバーから対象のホスト(HOST)の自動削除を行うためのシステム(プログラム)です。

Watcher とK2HR3システム全体と Watcher の構成イメージを以下に示します。
K2HR3 Watcher overview

Watcherの使い方は次の通りです。

$ git clone https://github.com/yahoojapan/k2hr3_api.git && cd k2hr3_api
$ ./bin/run.sh -h
Usage:   run.sh [--production(default) | --development]
            [--stop]
            [--background(-bg) | --foreground(-fg)]
            [--debug(-d) | --debug-nobrk(-dnobrk)]
            [--debuglevel DBG/MSG/WARN/ERR/(custom debug level)]
            [--watcher [--oneshot]]

Option:  --production           : Set 'production' to NODE_ENV environment
                                  (This option is default and exclusive with
                                  the '--development' option)
         --development          : Set 'development' to NODE_ENV environment
                                  (exclusive with the '--production' option)
         --stop                 : Stop www or watcher nodejs process
         --debug(-d)            : Run with nodejs inspector option
         --debug-nobrk(-dnobrk) : Run with nodejs inspector option
                                  (no break at start)
         --debuglevel           : Specify the level of debug output.
                                  (DBG/MSG/WARN/ERR/custom debug level)
         --watcher              : Run IP watcher process as daemon
         --oneshot              : Run watcher process only once

devcluster

ここでは、devcluster の用途と使い方を説明します。

devclusterは、K2HR3の全サブシステムをlocalhostに構築します。主に開発&テストのためのツールです。

$ git clone https://github.com/yahoojapan/k2hr3_utils.git && cd k2hr3_utils/devcluster
$ sh cluster.sh -h
usage : cluster.sh [-d] [-f file] [-o file] [-p file] [-h] [-t url] [-v]
    -d        print debug messages
    -i file   k2hr3-api package file path(or URL)
    -o file   k2hr3-osnl package file path(or URL)
    -p file   k2hr3-app package file path(or URL)
    -h        display this message and exit
    -s url    OpenStack Identity Service Endpoint(Default: 'http://127.0.0.1/identity')
    -t url    TransportURL(Default: 'rabbit://guest:guest@127.0.0.1:5672/')
    -v        display version and exit

その他のツール

この章では、K2HR3のサブシステムに付属する管理ツールを紹介します。

k2hdkclinetool

k2hdkclinetoolは、データーサーバー(K2HDKC)に格納されているデータへの参照、更新、削除など全ての操作を対話形式で実行するツールです。

詳しい使い方は、K2HDKCのツール をご覧ください。

chmpxlinetool

chmpxlinetoolは、chmpxプロセスを制御する対話形式で実行できます。

詳しい使い方は、CHMPXのツール をご覧ください。

chmpxstatus

chmpxstatusは、CHMPXクラスタ内のホストの状態を表示するツールです。

詳しい使い方は、CHMPXのツール をご覧ください。

k2hlinetool

k2hlinetoolは、K2HASHデータベースへの参照、更新、削除など全ての操作を対話形式で実行できます。

詳しい使い方は、K2HASHのツール をご覧ください。

Environments/Settings TOP