App Policy-Rule Web Application App Service

ロール(ROLE)

K2HR3 Webアプリケーションでのロール(ROLE)操作の説明をします。

ロール(ROLE)の表示

テナント(TENANT)にまだロール(ROLE)が登録されていない場合(初めてK2HR3システムを利用する場合など)、まずロール(ROLE)の登録が必要となります。
すでにロール(ROLE)が存在する場合、左側ツリー表示の中のROLEを選択することで、登録済みのロール(ROLE)を見ることができます。

K2HR3 Usage Application - Role Top

ロール(ROLE)の登録

ロール(ROLE)を登録するには、左側ツリー中のROLEを選択した後、上部の[ROLE]横の K2HR3 Add Button ボタンをクリックします。
階層化したロール(ROLE)を登録する場合には、左側ツリーから親とする既存ロール(ROLE)を選択後、ボタンをクリックしてください。
ロール(ROLE)登録用のダイアログが表示されます。

K2HR3 Usage Application - Role Create Dialog

表示されたダイアログにロール(ROLE)名を入力し、 K2HR3 OK Button ボタンをクリックすれば、ロール(ROLE)が登録されます。
ダイアログに表示される項目とその内容を以下に示します。

登録されたロール(ROLE)は、左側ツリーのROLEを展開することで確認できます。

ロール(ROLE)の編集

登録されているロール(ROLE)の内容を編集するには、まず編集するロール(ROLE)を左側ツリーで選択します。
選択後、メインの画面エリアにそのロール(ROLE)の情報が表示されます。
この表示されている内容を編集、およびデータの追加をします。
編集後は、 K2HR3 SAVE Button ボタンをクリックし、その内容を保存します。
編集を破棄する場合は、 K2HR3 CANCEL Button ボタンをクリックしてください。

K2HR3 Usage Application - Role Page

ロール(ROLE)選択後のメインの画面エリアに表示される項目について説明します。

ロール(ROLE)の属性情報

登録されているロール(ROLE)の属性情報を表示するには、まずロール(ROLE)を左側ツリーで選択します。
選択後、上部の[ROLE]左横の K2HR3 Path Button をクリックし、ロール(ROLE)の属性情報(Selected Path Information)ダイアログを表示します。
このダイアログに、ロール(ROLE)の属性情報が表示されます。

K2HR3 Usage Application - Role Information

ロール(ROLE)の属性情報について説明します。

K2HR3 Usage Application - OpenStack User Data Script

App Policy-Rule Web Application App Service