Web Application App Tenant

共通

K2HR3 Webアプリケーションの共通操作の説明をします。

アクセス方法

K2HR3 WebサーバーとしてセットアップしたURIにアクセスすることで、K2HR3 Webアプリケーションが表示されます。

http(s)://<k2hr3 web server fqdn[:port]>/

Webアプリケーション画面

K2HR3 Webアプリケーションにアクセスすると、以下の画面が表示されます。

K2HR3 Usage Application - Signout

上記の画面は、ユーザ(USER)がまだログインしていない状態です。

サインイン

K2HR3 Webアプリケーションにサインインするには、右上のログインボタン K2HR3 Signin Button をクリックします。
メニューが表示されますので、Sign in を選択してください。
表示されるダイアログに、ユーザ名、パスフレーズを入力し、サインインしてください。

K2HR3 Usage Application - Signin

ユーザ(USER)について

K2HR3システムは、OpenStackもしくは他のユーザ認証システムと連携して動作できます。
K2HR3のユーザ(USER)は、OpenStackのユーザ、もしくは他のユーザ認証システムのユーザを意味しています。
サインインするには、K2HR3システムが連携しているOpenStackもしくは他のユーザ認証システムのユーザとパスフレーズを使ってください。

サインアウト

K2HR3 Webアプリケーションからサインアウトするには、右上のK2HR3 Signin Buttonボタンをクリックします。
メニューが表示されますので、Sign outを選択してください。

Web Application App Tenant